2009年06月28日

party

あぁexclamation今日は、死ぬほど楽しくて死にそうでしたexclamation×2

いつも仲良くしてくれている
インドネシア人家族のお友だちから
Please come to my house 家
のお誘いがあり、おじゃましてきました

私が聞いたのは、「13時に家に来て。他の友達も来るから」のみ。
ひなた(長女)がそのあと電話で、娘のプタリーと話して
「ごはん一緒に食べるって!
 パーティーだって」
と言ってたのですが、ひなたは日本語、プタリーはインドネシア語で
話すので、さすがに電話での意思疎通は不可能でしょわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
パーティーってのはひなたの希望です。

でも前日から、「パーティーは楽しみだけど、みんなに紹介されるのが
恥ずかしい〜」「オシャレして行かなきゃ〜」などと
社交界デビュー(?)を最大限楽しみにしてるひなたカバン
彼女の希望通りパーティーになるように、
ロールケーキを買って行きましたバースデー

なんか、ピンポンを押す前から めちゃめちゃ良い匂い 目

プタリーとフィフィタ(ひなたと同い年のインドネシア人の女の子)
が転がり出てきてドアを開けてくれると
中では昼食の用意ができてました!(食べ始める前の静かな状態)

090627_133207.jpg

090627_133252.jpg

このほかにもたくさんあって、
6畳くらいのキッチンが食べ物でいっぱい ハートたち(複数ハート)
後から来た人が新たに持ってきたりもして、
料理の名前は覚えられなかったけど、
これまでcafeなんかでナシゴレンとか食べてたのは
何だったの!?っていうくらい、
ものすごーーーーーくおいしいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
日本人は私と娘たちだけなので、みんなおもしろがって辛いものを
勧めてきたけど(日本人が外国人に梅干食べさす感じですねわーい(嬉しい顔)
皆様のご期待を裏切り、ほんとーに、ほんとーーーーに、
おいしかったんです黒ハート

さて、ひなたが電話で聞いたご飯とパーティーは本当だったわけです。
That's amazing ぴかぴか(新しい)
なんとプタリーの誕生パーティーだったらしく、
我が家はプレゼントを持っていってなくてゴメンちょでしたモバQ

子どもは、5歳から0歳まで7人。
大人は・・・数えられないほど集まってました!!
靴がアパートの玄関をはみ出して通路の隣のドアの前まで
行っちゃうくらい。
アパートの前のコンクリートが、お友だちの自転車で埋め尽くされる
くらい!!

けど、みんな私が分かるように英語で話してくれたり、
(ほとんどの人が、英語で講義を受けてる広大の留学生。
 大変かしこくい方たちです。)
インドネシアンジョークも必ず誰かが説明してくれたり、
すっごい優しいしフレンドリーで冗談ばっかり言って
ずっと笑ってましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
ひなたも気づいたら幼稚園児&papas組で
私の知らないカードゲームに熱中してたし、
こゆきは眠たいのに遊びたくて必死で笑えました。
(結局、畳みの上で行き倒れ寝てました猫

矢のように過ぎ去った時間。
すっごく楽しかったけど、これってよく問題になってる
「外国人はめちゃめちゃ友だち呼んでしょっちゅう騒いでうるさい」
ってヤツですよね〜。
日本人らしく
「余った料理、ちょっと隣近所に持ってって、娘の誕生日だったって
 言ったほうがいいよ。OSAWAGASE SHIMASHITA って言って」
とアドバイスしておけばよかったです。

結局、分かんない→不安→キライ ってなっちゃうんですよね。
みんな、日本で理不尽な思いをすることもあるだろうに、
優しくしてくれてありがとうございました。

とおっても良い日でした! 
posted by meri at 03:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。