2008年11月14日

クリスマス暗唱発表会

12月7日(日)15時〜
クリスマス暗唱発表会を開催します。

PT(3歳クラス)は
いつも歌っているお歌 Fly High!
劇 The Wolf and the three little pigs
  (オオカミと3匹の子ブタ)

PB(4・5歳クラス)は
劇 The North Wind and the Sun
  (北風と太陽)
  Useful expressions 1,2,3

PF(小学1〜3年初級)は
skit のアクトアウトと
紙芝居 What are you doing?

PI(小学3・4年中級)は
紙芝居 The elves and the Shoemaker
   (小人と靴屋)
skitのアクトアウト

をやります。みんな頑張ってます!
練習をして思ったのですが、やはり座ってテキストを読むのと違って
アクトアウトすると言葉が活き活きしますねぴかぴか(新しい)

3歳クラスの劇は、春頃読み聞かせていた絵本です。
読み聞かせているうちに 子ども達が
子ブタやオオカミのセリフを私と一緒に言うようになってハートたち(複数ハート)
この感動とかわいらしさを皆さんにもおすそ分けしたくて
劇にすることにしました。必見です!

4・5歳の劇は、正直「う〜…ん、できるかな…?」と
思っていたのですが、一度動作とセリフを導入しただけで、
もういくつかのセリフを覚えてるがく〜(落胆した顔)
子どもの持ってる力ってスゴイですexclamation×2
大人の方で勝手に「これは難しいだろう」とか制限しちゃいけないな
と思いました。

小学初級は、アクトアウトチームと紙芝居チームに分けました。
アクトアウトは忍者が薬を作るお話なのですが、
自分で忍者らしい動作を考えてきてくれるそうでわーい(嬉しい顔)
楽しみです!
紙芝居に出てくる女の子は私の娘に似ているそうです。
その女の子、最後はお母さんに怒られて終わります。
あははははたらーっ(汗)

小学中級のアクトアウトは洞窟探検のお話です。
ヘルメットはこれ。こうやってかぶっとく?
つまづくんだからここにないとね。
などと、自分たちで劇を作ろうとしていて感心しています。
このクラスはとにかくたくさん英語で話します。
私の代わりに指示を出してもらうこともあるし、
絵をみて自由に英語で話したりもします。
4月には、絵を前に、「え。どうするん。どうしよう。」
と戸惑っていた子ども達が、今週のレッスンでは
1枚の絵を手に、しゃべる、しゃべるわーい(嬉しい顔)
間違えることもありますが、言ってみるパンチという態度を
とっても嬉しく思いまするんるん成長したね〜ハートたち(複数ハート)
posted by meri at 13:20| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいな〜 うちの生徒はまだそのレベルじゃないです。
メリ先生の努力の賜物ですね!
Posted by tojya at 2009年02月14日 19:34
いや〜〜〜
今年の生徒は天才ぞろいなんです^^;

tojyaさんのところは発表会やりましたか??
Posted by meri at 2009年02月16日 13:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。